×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

やられ動作について

MUGENのキャラクター製作をするに当たり、避けて通れないのがアニメの
設定です。メモ帳でも作れますが、大体の人はMCMを使うでしょう。

…で、是非とも気を付けていただきたいのが『やられ判定』の設定です。

Anim No.0

出演・K-BLOODさん

はい、御存知の通り、基本立ちポーズのやられ判定はこうですね。
青枠で表示されているのがやられ判定、ここに攻撃判定である赤枠が
重なって初めて攻撃が当たるわけです。

この枠の作り方ですが、自分のように大体こんな感じ?てな具合に作って
しまう人や、なるべくキャラ絵と同じように作る人もいるでしょう。

…まあ、実際動かしてみるとそんなに差は無いのですが…。

問題は必須アニメであるやられ動作についてです。

まずは他と同じように絵を入れます。

Anim No.5001

苦悶の表情を浮かべながらのけぞっておられますね。
ここにまたやられ判定を入れていくわけですが…

以下の二つの画像を見比べてみて下さい。

例1

例2

上の方はキャラの画像に重なるように設定しました。
下の方は立ちポーズのと同じ大きさに設定しました。

さて、ちょっとマズイかなぁ…というのはドチラでしょうか?






















はい、正解は上の方です。


何故かというと、下のは普通に立ってる時と同じで問題無く相手の攻撃を
喰らいますが、上の方は高い位置の攻撃が当たらず、コンボが途切れて
しまったりする場合があるのです。

ちょうど上体反らしながら攻撃をかわしてるような感じですね。

ちなみにカンフーマンは下の感じで作られてたりします。

これでコチラの攻撃がスカったりすると、結構イラッと来ることがあります
んで…作る際には注意が必要かもしれません。


雑記のページへ TOPに戻る